7月の献立表です!
暑い日が続き、食欲も落ちてくる時期ではありますが、
しっかり食べて暑い日々を乗り越えましょう!

7月 献立表
給食便り | 11:12 AM | comments (x) | trackback (x)
朝からみんなが持ち寄ったお花に囲まれる子ども達。
6月9日(木)は花の日礼拝がありました。


みんな揃ってホールで花の日礼拝を守りました。


6月10日(金)からは、大羊・小羊さんがお花と手作りカードを持ち、保育園の代表として地域の方々に「いつもありがとう」の気持ちを届けにいきました。


フラワーアレンジメントしたお花!!


大羊・小羊さんが花の日訪問をしている様子は、保育園の掲示板にて掲載されますのでご覧ください。
お花のご協力ありがとうございました。           
(H)

スタッフブログ::のあ・むぎチーム | 08:19 AM | comments (x) | trackback (x)
毎年7〜8月頃に世光保育園夏祭りを開催しておりますが、検討した結果、残念ながら今年も夏祭りは中止することになりました。
楽しみにされていた園児や保護者の皆様、卒園生や関係者の皆様には、ご理解のほどよろしくお願いいたします。
なお、実行委員会では、昨年同様、保育の中で夏祭り遊びを行なっていただくよう準備しています。

世光保育園保護者会
夏祭り実行委員会
イベント情報 | 06:46 PM | comments (x) | trackback (x)
 4月・5月お天気に恵まれ、色んなところにお散歩に出かけて楽しむ事が出来ました!

桃山城
0

「わあーきれい!」子どもたちからもこぼれる感嘆。満開の桜の中で
蝶々を追いかけたり、走ったり身体を動かすのも気持ちいいー!!

1
シロツメクサやたんぽぽもいっぱい咲いていて綿毛飛ばしや指輪づくり
かわいいーたのしいー!!


堤防
2

♪てんとうむしのはなし、きいたことある!!♪ と歌いながらおさんぽ!
「いた!ここにも!」たくさんのてんとうむしに大興奮!!幼虫もみつけたね。
いっぱい楽しませてもらった虫さんとはここでお別れ。「またね~」


泰長老公園
3

ちょっとスリルもある滑り台に緊張!?からの笑顔があふれます!!
お友達と一緒に滑ると楽しさ倍増!!

時には選択散歩にも出かけます。今回は、
「長―い滑り台がある公園とシーソーやブランコのある公園、どっちに行きたい?」
自分で選んだ公園に行きました。


北堀公園
4

長い距離を虫探しもしながら歩いてやっと到着!!「さあ―遊ぶぞ!」滑り台にアスレチック、
いっぱい歩いた後もまだまだ元気に遊びます。


三角公園
5

シーソー・ブランコ・雲梯・鉄棒いろんな遊具があり電車も間近で見ることのできる公園。
みんな大好きな公園です!


万帖敷公園
6

ちょっと保育園からは遠いので大羊(5歳児)小羊(4歳児)で出掛けました。
とっても広い公園で遊具だけでなく段差を駆け登ったり飛び降りたり走り回って楽しでました!


伏見児童公園
7

大羊(5歳児)小羊(4歳児)で出掛けて遊びました。初めて遊ぶ公園に大喜び!
「また行きたーい。広場でも走りたーい!」の声、今度は,はとさんも一緒に行こうね!


バスに乗って遠足にも行きました!
大羊(5歳児)太陽が丘
8

貸し切り状態の中、ボルタリングやアスレチック、芝生の坂を上ったり転がったり、広~い広場で鬼ごっこ
動きまわって遊びまくって大満足!!


小羊(4歳児)はと(3歳児)八瀬野外センター
9

10

はとさんにとっては、初めての八瀬のお山、遊具で遊んだり、虫や野イチゴを見つけて楽しんでいました。
小羊さんも山の中を駆け回り、また、新たな虫!池の虫!いろんな発見をを楽しむ事が出来ました。

春のお散歩をいっぱい楽しんだのあ・むぎさん。6月梅雨に入っても雨ふり散歩や,かたつむりなど虫探しのお散歩を楽しめたらいいね!!
(H)

スタッフブログ::のあ・むぎチーム | 11:20 AM | comments (x) | trackback (x)
入園当初は不安いっぱいで泣いていた子ども達も少しずつ新しい生活に慣れて、笑顔で過ごせるようになりました^_^
てくてく、はいはい…保育者の傍から離れ好きなおもちゃを見つけたり、あっちこっち探索していろんな発見をしたり、お友達とやりとりを楽しむ姿も見られるようになってきましたよ!
の~んびり春を過ごしたぶどうちゃん達です。
☆お部屋ではいろんなコーナーを設けて遊びました☆

【ままごと】
0

1

スプーンでまぜまぜ~パクパク!保育者にも“どうぞ”と持ってきてくれます🍚赤ちゃん人形のお世話も大好きで、お人形を寝かせつけながら、自分をトントンzzz


【運動遊び】
2

3

ゲームboxのトンネルをくぐったり、箱にたくさんのボールを入れて“よいしょよいしょ”と運んだり元気いっぱい!力持ちな子ども達です💪

☆晴れた日には風を感じながらお外で気持ちよく遊びました☆

【園庭】
4

5

たくさんのシャボン玉に「わぁーー!」両手を伸ばして大喜びで追いかけていました 〇。゜

砂や桜の花びらでお料理も楽しみましたよ🌸


【お散歩】
6

7

8

乳母車に乗って電車を見に出かけました🚃 “バイバーイ”と手を振って見送る子ども達👋

参道ではみんなで“よーいドン” 保育者の所まで笑顔で駆けて来てくれます!

これから梅雨入りですが、恵みの雨を遊びで満喫しながら楽しく心地よく過ごしていきたいと思っています^_^
(I)
スタッフブログ::ぶどうチーム | 02:18 PM | comments (x) | trackback (x)
大泣きからスタートしたすみれさんも少しずつ、園生活にも慣れてきて、お家の人とニコニコでバイバイ出来たり、お友だちと同じ空間で遊びを楽しむことができるようになりました。

そんなすみれさんのあそびの様子を少し紹介します!

☆お部屋のおむつ台の下は、トンネルになっていて、月齢の高いお友だちに人気のスポットです。



☆鏡も人気のスポットで、鏡に映る自分に「こんにちは!!」
そして、思わずニッコリ!!





☆寝返り出来て自分でもビックリ!!



☆横のお友だちとお手てをつないだり!!



☆つかまえた~♪



☆パンパンパン!!これはなあにかな?




☆つかまり立ちできたよ♪いないないばあ!







☆もうちょっとで届きそう!!



☆畳坂に挑戦



☆ウレタン山にものぼったよー!!



 入園して2カ月。びっくりするぐらい動く範囲が広くなったり、寝返りに成功したり、つかまり立ちやタッチができたり♪と夏に向かって、ますます楽しみが増えるすみれさんです!!
(S)

スタッフブログ::すみれチーム | 01:54 PM | comments (x) | trackback (x)
新チームになって、あっという間に1ヶ月が経ちました。毎日元気いっぱいの子どもたちです。そこで、ゆりチーム様子をご紹介します。

〈苗植え〉
ゆりチームでは、プチトマト、きゅうり、なす、ピーマンの苗を植えました。苗を落とさないように優しく土の上に置いてくれました。
1

2


毎日順番を決めて水やりをし、「お花が咲いてるー」「大きくなってるー」と収穫を楽し煮にしている子どもたちです。
3


〈散歩〉
天気の良い日も多く、少しずつ距離を伸ばして、桃山城や石段へお散歩に行きました。
桃山城では虫探しやかけっこをして遊びました。
4

5


初めての石段にも挑戦しました。
6


登り切って、「やったー!」と嬉しそうな子どもたちでした。
7

8


これからも子どもたちと、いろんなことを一緒に楽しんでいきたいと思います。
(W)
スタッフブログ::ゆりチーム | 02:37 PM | comments (x) | trackback (x)
6月の献立表です。
6月 献立表
給食便り | 05:05 PM | comments (x) | trackback (x)
 数日前、知床で沈没したKAZUⅠという観光船が引き上げられました。事故原因究明や遺族感情を考慮した引き上げだったわけですが、小さいとは言え沈没船を深い海から引き上げるのは簡単なことではありませんでした。この作業を依頼された日本サルヴェージという会社は、西太平洋エリアでは最も優れたサルベージ会社だそうで、卓越した技術と豊富な経験がこの作業を可能にしたのでしょう。

 ところが、完全に引き上げる前には、せっかく引き上げかけた沈没船を、さらに深い海に落下させるという事故が起きました。船を吊り下げていたロープの一部が切れて沈没船がずり落ちたということでした。

 このことを巡り、厳しい意見が飛び交いました。ネットでは、「日本のサルベージ技術にガッカリした」などのような発言も見られましたし、国会でもなぜこのようなことが起きたのかと追求する発言があったそうです。

 こういう発言を見たり聞いたりすると、果たしてこの発言者たちの正義ってどこから来るの?と思わずにいられなくなります。沈没船を落下させたのは技術的な問題だったのか、想定外ということを含む不可抗力だったのか、はたまた単純なミスだったのか、それは専門家が見極めるでしょう。ただ、少なくとも繰り返し報道されていたように、極めて難しい作業であったことは容易に想像できます。それでも事故は起きるのです。

 なのに、事故が起きたら、途端に正義感に満ち溢れた人たちがそれを振り回して非難を始めます。今回のことばかりでなく、日常的に発生する事件や事故について、にわか評論家となった人々が自分の正義を盾に誰かを攻撃します。その正義、どうしてあなたは振りかざせるの?

 残念ながら、私たちは自分たちが思う正義が正しいと勘違いします。でも、必ずしも私が思う正義が正しいわけではありません。私は所詮私が経験したり習得したりした知恵や知識、技術や経験の範囲でしか判断し得ないからです。例えば、私が何かを非難したとして、その指摘が間違いではなかったとしても、その事件や事故の背景には、当人たちにしかわからない事情があるのかもしれないし、それを知ったら私も「あ〜、それは仕方ないね」と意見を180度変えるかもしれない可能性さえあるのです。でも、正義を振り回しているときには、それが大変な過ちであることに気づきもしません。だって、自分は正しいと思っているのですから。

 正義の刃は、人を傷つけます。グサグサ突き刺しまくって瀕死の重傷を負わせてなお、私は正しいと開き直るのが、正義の恐ろしさです。でも、覚えておかねばなりません、その刃はいつか自分にも向けられることを。大切なのは、想像力です。そして、思いやる心です。

 新型コロナ感染症が流行し出した2年前、世光保育園は報道で呼びかけられるよりずっと前から「感染者が出ても特定しようとせず、互いに思いやりを持ってください」と呼びかけてきました。なぜなら、私たちは、お互いを大事に思い合うことを大切にしたかったからです。思いやりを持てる子どもたちを育てたいからです。なぜなら、神様がそう望まれているからです。

園長:新井純

『園長ブログ カピバラのひげ』 | 02:15 PM | comments (x) | trackback (x)
 今年もゴールデンウィークが始まります(終わってから読まれる方もおられるかも)。今年は最長10日間だそうですが、間に挟む平日に仕事がある方もおられるし、休日だからこそ出勤しなければならないサービス業の方もおられるでしょうから、必ずしもみんなが連休になっているわけではありません。それでも、ゴールデンウィークだと騒ぐのは、やはり連休になる人たちの方が多いからなのでしょうか。新型コロナ第7波が心配されながらも観光地にはお客さんが戻って来て、それなりに賑わいを取り戻しているとの報道を見ると、この連休は京都も賑やかになりそうです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 3月末のことです。インドネシアのサッカー場で、試合前に選手たちが「戦争反対」のバナー前に立って、ウクライナを支持するアピールを行いました。ところが、二人のパレスチナ人選手がそこに並ぶの拒否したので、そのことが話題になりました。一人が言います。「公平さも正義もない」

 パレスチナは、長い間イスラエルからの大きな暴力に苦しめられています。イスラエルはパレスチナからのテロ行為に報復するためだとして、パレスチナを爆撃することを正当化していますが、パレスチナからすると日常的に理不尽な暴力にさらされ、空爆をはじめさまざまな攻撃によって犠牲を強いられているので、そのことへの怒りが爆発して反撃をすると、「テロ行為だ」と断罪されるという不満を抱えています。

 くだんのサッカー選手は、そうした理不尽な暴力を世界にアピールしようとして、かつて戦争反対を訴えようとしたそうです。でも、その時は国際サッカー連盟から「サッカーと政治は別物」「そのようなアピールは規則に反する」と言って、アピールさせてもらえませんでした。なのに、今回ヨーロッパで同じようなことが起こった時、当たり前のように戦争反対を訴えることが許されるのはなぜだ?というわけです。

 この選手は、ロシアを支持しているわけではありません。ウクライナ侵攻を支持しているのでもありません。戦争には反対なのです。でも、中東やアラブ人が蔑まれていると感じないではいられない状況の中で、公平であることを求めたのです。

 この記事を読んだとき、ドキッとしました。確かにこの選手の言う通りです。パレスチナにどれだけ想いを寄せただろうか?アフガニスタンはどうだ?ミャンマーは?

 欧米諸国は正義、東側は危険、中東はもっと危険、そんな短絡的な決めつけをして来たつもりはありませんが、私の中で公平ではなかったとの思いは沸々と湧いて来ました。戦争反対を訴えることは良いこと、当然のことだと認識していますが、果たして全ての戦争について同じ思いでいただろうかと、顧させられたのです。

 思いは、いつも自分が思っているのと同じように受け止められているわけではありません。逆の立場になれば、汲み取れきない思いもあるし、想像から漏れている事柄もあることを自覚します。それでも、想いを受け止めてくれる人が一人でもいることを知れば、わたしたちは希望を抱き続けることでしょう。なぜなら、それが公平の第一歩だからです。 

園長:新井 純

『園長ブログ カピバラのひげ』 | 02:13 PM | comments (x) | trackback (x)

pagetop