8月に日本列島を襲った台風の影響で、京都府北部も豪雨によって被災しました。福知山市では社会福祉協議会がボランティアセンターを開設し、小規模ながら災害ボランティアの募集と派遣を行なったようです。

それらが終わり、平静を取り戻したかに思えた9月初め、教会関係者から「ボランティアがやりきれなかった土砂除去の集中作業のために人を集めて欲しい」と依頼があり、取り急ぎ関係者数名で現地を訪れました。

現場は、福知山市の由良川沿いの山間部の集落で、小さな谷間の斜面で土砂崩れが発生、それが谷の沢で土石流となって下の農家を襲いました。幸い、山側の庭木が防壁のような形になったため、大木などが家屋を直撃するのを防ぎ、母家に甚大な被害をもたらすことはありませんでしたが、細めの流木や竹、拳程度の大きさの石を含む大量の山土が敷地内を埋め尽くし、母家の床下にも入り込んでいました。

家屋の周りや庭は、重機を入れなければならないと思われました。言い方を換えれば、重機を入れればある程度解決しそうでした。問題は、母家の床下です。床下に流れ込んだ木の根っこや石を含んだ汚泥は、風通しが悪いために乾かず、ドブ川のような異臭を放ち始めていました。このままだと湿気で居室にカビが生えたり、異臭によって住宅として機能しなくなります。従って、速やかに汚泥を除去しなければならないのは明白でしたが、床下は人力でやるしかありません。

急ぎ、仲間内でボランティアを募集し、翌週2日間の汚泥除去作戦を決行しました。

2日間で、延べ30名近くの協力を得て、床下の汚泥除去作業が行われました。畳の部屋は畳を上げて床板を外し、そこから泥をすくい出します。板床の部分は、床下に潜り込んで園芸用スコップで少しずつ泥をかき出します。私は床下に潜るチームを担当しましたが、「よし、誰が入る?」と声をかけても、皆が顔を見合わせるだけなので、まずは私自身が突入することになりました。もちろん、私が入れば皆は後に続くので、その後は皆が興味とやる気を持って、普段入ることなどないはずの床下に潜り込んで、泥かきに精を出しました。全身泥だらけですが、頑張った!と胸を張るみんなの顔は輝いて見えました。

 私には災害ボランティアをやるようになったきっかけがあります。2004年、当時暮らしていた新潟で水害が起こり、ボランティア受け入れの手伝いをしました。その時、先輩牧師がこう言ったのです。「私は、隣を通り過ぎない者でありたかった」これは、善いサマリア人という聖書のたとえ話に由来します。強盗に襲われ瀕死の重傷を負った旅人の横を、神殿に仕える祭司やレビ人が見て見ぬふりをして通り過ぎて行きます。でも、普段敵対しているサマリア人は、その人を見つけるなり、手当をし、安全な宿屋に運び込んで介抱したのです。さらに、宿屋の主人にお金を渡し、介抱を託しました。イエス様はおっしゃいました。「誰がこの人の隣人になったと思うか?」

 誰もが、どうすれば良いのかを知っています。ただ、さまざまな事情でその一歩を踏み出せないのです。でも、日常の小さな親切なら誰にでもできます。そういう小さな親切を行う姿を見せながら、助け合う心の大切さを子どもたちに伝えられる大人になりたいものです。 
園長:新井 純

『園長ブログ カピバラのひげ』 | 05:28 PM | comments (x) | trackback (x)
それにしても暑い夏でした。いや、まだ続いてますね。1日も早く収まって欲しい猛暑です。

夏は様々な経験ができ、子どもたちもグッと成長すると言われています。経験は知恵や力の基となり、生きるための引き出しを増やします。全ての経験が実りをもたらすわけではありませんが、それでも実際に経験したことで身に付くものは厚みが違います。大人にとっては、子どもがいるために出来ないこともあってもどかしいと思うこともあるかもしれませんが、見方を換えれば今子どもと過ごす時間は今しかありませんから、存分に味わい尽くしてください。

先日、コロナ禍で中止されてきたために4年ぶりの開催となった、日本キリスト教保育所同盟の夏季保育大学という研修に参加いたしました。「当たり前はアタリマエ?」というテーマのもと、アイヌ民族のことや、精神障がい者が病院や施設に隔離されるのではなく社会の中で生きていくためにはどうしたら良いのか、その支援をしている「浦河べてるの家」の当事者研究という手法について学んでまいりました。

私たちには、知っていそうで知らないことや、気づいていないまま流してしまっていることがたくさんあります。また、自分の感覚を正しいと思い込み、それが常識だと思っていることが多いのですが、それが他の人と違うということや、確かに自分の常識が多くの人と同じだとしても、それとは違う考え方をしている人たちが少なからずいるという場面に出くわすことがあるものです。その時、あくまでも自分が信じてきた(思い込んできた)事柄や考え方が正しいという立場を崩さないのか、あるいは、知らなかった!という新しい気づきを与えられたという視点に立つのかでは、その後の在り様に大きな違いを生み出します。

 例えば、50年前札幌冬季オリンピックが開催された際、NHKのアナウンサーは日本と世界に北海道を紹介するために「無人の大地を切り開いてきた」と語ったそうです。なるほど、確かにそういう苦労のもとで開拓してきたんだな、と感心する方も多いかと思いますが、先住民族であるアイヌの人々にとっては、自分たちが暮らして来た大地に大和から乗り込んできた大和民族が、自分たちの生活や文化を破壊しながら開拓を続け、我が物顔で振る舞いつつアイヌを蔑み、排斥していったという苦々しい思いがあります。何が「無人の大地」かと。言葉のあやではすみません。自分たちの存在が、「無」とされたのですから。でも、教科書では「蝦夷征伐(えぞせいばつ)」と記され、あたかも北海道を制圧したことは良いことのようにさえ教えられたのです。

 こういう時は、逆の立場に立って想像してみるのが一番です。もし私が突如平安な日々を奪われ、強引に他の文化や価値観を押し付けられたらどう感じるだろうか? これが私たちの国の中でも起こったのです。私たち自身が考える「当たり前」は、別に人にとってはそうじゃないということがあるのだと、改めて心に刻みました。

 ところで、研修初日、札幌市は観測史上最高気温を記録し、その後これまた史上初の3日連続猛暑日を記録しました。もともと涼しい場所柄、冷房普及率は低く、研修会場はサウナと化しました。期待したのは「涼」だったのですが、それもまた当たり前ではなかったようです。
園長:新井 純

『園長ブログ カピバラのひげ』 | 05:24 PM | comments (x) | trackback (x)
11月は食べ物の収穫に感謝する【収穫感謝祭】がありました。
ゆりの子どもたちもお家から様々な野菜を持ってきてくれました。

01

持ってきてくれた野菜を並べると、みんな興味津々!!
収穫感謝の礼拝として、大事な食べ物を残さずに食べようねとお話しました。

02

そして、みんなが持ってきてくれたお野菜たちがどんな風に作られて、どんな風に育てられているのか、園の近くにある畑を見学しに行きました。

「あっ、これ!カリフラワー」「これ、何の木?」など畑の中をぐるっと、一周散策しました。

03

翌日は、みんなが持ってきてくれたお野菜を使って、幼児さんがつくってくれたお料理を園庭で食べました。

いつもと違う雰囲気で食べる食事はひと味違ったようで、何度もおかわりする子どもたちや苦手な食べ物にもチャレンジする姿がありました。
(O)

スタッフブログ::ゆりチーム | 04:44 PM | comments (x) | trackback (x)
園医である「もり小児科クリニック」の森先生から、今年も絵本のプレゼントが届きました。

1

2


森先生は毎年クリスマスに絵本を贈ってくださいます。しかも、乳児から幼児までが楽しめるように、幅広い対象年齢に対応すべくたくさんの絵本をお選びくださいます。
絵本は子どもたちの心や発想力などを豊かに育みます。感謝して子どもたちと楽しみたいと思います。

森先生、ありがとうございました!

園長   新井純
『園長ブログ カピバラのひげ』 | 01:36 PM | comments (x) | trackback (x)
世光保育園では、幼児チームになるとグループごとに山のぼりへ出かけます。
春・秋・冬それぞれの山の景色を楽しみ、様々な発見をし、友だちと一緒に登りきった嬉しさを感じながら、山のぼりを楽しんでいます。

この秋、久しぶりに大羊(5歳児)小羊(4歳児)はと(3歳児)、全学年が山のぼりに出かけることが出来ました!


はじめは《大羊グループ》



大文字山は春に続いて2回目。前回は「大」の火床があるところまで登りましたが、今回は更に上をめざして頂上まで挑戦しました!

 

なかなか険しい道もあるのですが、ぐっと足を踏ん張って、「がんばろな!」「よいしょっ!」と、友だちと励ましあって登り続けます。
狭い道はカニ歩きで・・・
時には、手をつないで支えあって・・・
気になる穴や木の根っこに興味津々で・・・



火床まではスムーズな道のりでした!
さぁ!ここからが本番!細い階段を上がって頂上まで向かいます。これまでとは比べ物にならない険しい山道の連続に、足が滑ったり、「おなかすいた・・・」「頂上はまだ?」「疲れた」と弱音がちらほら。

それでも諦めずに登っていき、ようやく到着!!
「やったー!お弁当やー!!」と急に元気も復活して、おいしく幸せなお弁当タイムの後、「大」ポーズで記念撮影♪



疲れたけれど、達成感あふれる秋の大文字山のぼりとなりました!


続きまして《小羊グループ》



小羊さんも春に続いて2回目となる大吉山へ行ってきました!

イチョウの木がきれいに色づき、行く道からウキウキと心が弾みます。



2回目ともなると足取り軽く、「どんぐりあるかなー」「葉っぱがいっぱい落ちてる~」とお喋りしながらずんずん登っていきます。
途中、大きな木が倒れていてびっくり!したり、「恐竜の足みたいや!!」と大きな根っこにびっくりしたり、秋の大吉山には「びっくり!」がいっぱいでした。



木の上に積んである石を見つけて「なんやろ」「だれが乗せたん?」「乗せてみる?」なんて話したり、不思議なこともいっぱいありました。



他にも、どんぐりやまつぼっくり、ほうきみたいな葉っぱ、赤や茶色、黄色の落ち葉も見つけて、保育園までお土産をいっぱい持って帰ってきてくれましたよ!


ラストは《はとグループ》

はとさんは「初めて」山のぼりに出かけました!春・初夏には八瀬のお山遊びには行ったのですが、たくさん散歩して体力もついたので八幡にある石清水八幡宮のお山のぼりに挑戦しました。



電車に乗って出発です♪予定していたよりも早く駅に着いたので、通過する特急電車を見送ってワクワク期待に胸が膨らみます。
ふもとでお山の約束を伝えてから、「さぁのぼろう!レッツゴー!!」



初めてのお山でもズンズン登っていきます。風に吹かれてひらひら舞う落ち葉に気付いたその時!
「どんぐりもあったー!」「みてみてー!ブルーベリーもあったで!」
「オレンジの葉っぱきれい~♪」「これおばけの葉っぱやで」
「よーし、探検するぞー!」



…と、探検隊になるはとさんたち。片道30分のところ小一時間かけて秋さがしを満喫しました!



頂上でお弁当タイムです。「おいしいねぇ♡」とパワー充電し、眠気に負けないうちに帰らないと!と保育園まで最後の力を出し切って帰ってくることができました。
憧れの山のぼり、大満足だったはとさんです。


これから冬がやってきますが、寒さに負けない元気な体作りをして、今年度最後に冬の山のぼりに行けたらいいなぁ~と思います!
(お)
スタッフブログ::のあ・むぎチーム | 06:56 PM | comments (x) | trackback (x)
1
はっぱ、ねっこ、各部屋でしいたけ栽培をしました。


最初はこんな感じでした。「これはなんだろう?」初めて見る物体
2


恐る恐る触ってみたよ
3


こんなにいっぱい出来たね
4


はっぱグループの収穫の様子
ポロって採れたよ
5

6

7


ねっこグループの収穫の様子
「こうやって優しく採ってね」って教えてもらったよ。
8

うわーっ!採れたー!
9

10

11


においをかいでみたよ
12


それぞれのお部屋で
こんなにいっぱい採れました
13


この日の給食で天ぷらにしてもらって食べたね。
美味しかったー!
14


15
美味しくいただいたので、ちょっとお休みです。
また出来る日をお楽しみに(^^)
(M)

スタッフブログ::ぶどうチーム | 04:34 PM | comments (x) | trackback (x)
アッという間に12月ですね。
これから寒さも厳しくなってきますが、温まるものを食べて、体調に気をつけましょう!

12月の献立表です。
2023年献立表
給食便り | 03:25 PM | comments (x) | trackback (x)
10月は楽しいゲームがいっぱいのおばけランドをオープンしました!
”おばけランド”でどんなあそびをしようかな?
どういうゲームなら面白いかな?
のあ・むぎチーム、はと(3歳児)・小羊(4歳児)・大羊(5歳児)の
6グループに分かれて、それぞれみんなで考えました。

のあ・はとさんは おばけ運び!


2本の棒などでおばけを挟み、落とさず運んでゴールの箱まで
入れることができるかな?
おばけをたくさん乗せて運ぶ子もいました。

むぎ・はとさんは ボール投げ!


おばけの口の中にボールを投げ入れていくゲーム!
投げているうちにおばけと距離が近くなっている子も・・・。

のあ・小羊さんは おばけ釣り!


釣り竿を持って真剣な顔つきでおばけ釣りに
挑む子どもたち。釣れると大喜びの
子どもたちでした。

むぎ・小羊さんは おばけ探し!


限られたエリアの中に潜むおばけを
見つけ出すゲーム。スコップで掘って
おばけ見ーつけた!

のあ・大羊さんは おばけたたき!


箱から出てくるおばけをたたくゲーム。
もぐらたたきのようにポンポンと
素早くたたいてました。

むぎ・大羊さんはおばけのボーリング!


ボールを転がした先にあるのは、おばけのピン。
いっぱい倒すぞ!と狙いを定めていた
チャレンジャー達でした。

おばけ尽くしであそんできましたが・・・
2日間のごっこあそびを通して友だちとのやりとりを
たくさん楽しみました。


(H)

スタッフブログ::のあ・むぎチーム | 05:08 PM | comments (x) | trackback (x)
 当日の朝まで心配されたお天気も、出発するころにはお日様も顔を出し、暑くもなく、寒くもなく、絶好の遠足日和!。実は、ゆり担任の中には”晴れ女”がいるのです・・・(さて、誰でしょう?)


 
 「神様、どうぞ、往復の道々,けがをしませんように、事故にあいませんようにおまもりください」みんなでお祈りしていざ、出発です。



 桃山御陵内を抜けて桃山城に着きました。ここからは、ロープを離してひとりで歩きます。どこからか、キンモクセイの良い匂いがしてきたよ。



 野球場横を通って、目的地まではもう一息!


 
 「あっ!どんぐり、み~つけた!」「松ぼっくりもあったで!」「せんせい、みてみて~」 実はこの場所は、知る人ぞ知る、丸まる太ったどんぐりが落ちている㊙の場所なんです。




 漸く着いた、北堀公園。長い滑り台が目の前に!
 ちょっぴり尻込みしていたお友だちも、工夫して楽しく滑ったよ!



 滑り台で豪遊(!)した後は、待ちに待ったお弁当タイム。おうちの方、お忙しい中、園のリクエストにお応えいただき子どもたちが好きなものをたくさん詰めた愛情弁当をありがとうございました!
 


 美味しいお弁当を食べた後は、束の間ののびのびタイム。早く食べ終わった子から、自由に探索して、気持ちもリフレッシュ!さあ、帰りも気を引き締めて帰りましょう!

 という事で、無事に全員揃って保育園に帰ってくることが出来ました!お弁当遠足を経た子どもたちの顔は、疲れはあったとは思いますが、みんなキラキラ✨輝いていました!
 嬉しい秋のひと時と、子どもたちの成長に感謝です。(T)



スタッフブログ::ゆりチーム | 05:09 PM | comments (x) | trackback (x)
2023年11月献立表です。
11月献立表
給食便り | 08:48 AM | comments (x) | trackback (x)

pagetop